本文へ移動

学年末テスト対策授業

川崎市麻生区中学校の「後期期末(学年末)テスト」は、2月中旬に行われます。こうゆう学院では、塾生に対して各学校・各学年ごとに30~50時間の対策授業を行う予定です。
今回は、こうゆう学院の手厚い対策授業を塾外生でも体験できるようにしました。「成績から1をなくしたい」、「3、4に上げたい」、「5を1教科でも取りたい」と本気で思う生徒は是非参加してください。

1. 他塾との違い
-出題的中率は各科目平均89%。つまり、こうゆう学院の対策授業に参加すれば、出題される問題のほとんどを練習できるんです。
-生徒個々のペース・理解度に合わせて進めていきます。わからない問題はその場ですぐ質問して理解を深められますよ。(Lineでこっそり質問も可能)
-重要単元、出題されそうな問題を数多く解説します。

2. 対象中学校
 はるひ野中、金程中、長沢中、王禅寺中央中、麻生中、白鳥中、柿生中

3. 日程
 -試験30日前~2週間前  学校提出物の作業
 -2週間前~試験最終日の前日  解説・演習授業
 ※学校ごとに細かく授業日程を組みます。
 ※お申込みの際、学校名と試験日を明記ください。
 ※既に日程が確定した学校は以下に掲載中です。
4. 対策授業の内容
 -学校提出物の管理・監督
   -学校問題集(ワーク)の演習と解説
   -範囲の演習プリント配布と解説(科目により2~3種類)
   -小テスト作成と実施
   -過去問・予想問題テスト実施と解説
   -24時間Line質問対応  等

5. 費用  無料
6. 各学校の出題傾向と時間割
※学校名をクリックすると対策授業時間割(科目)がご覧いただけます。

はるひ野中  
問題を作成する先生によって各科目で「奇抜」な問題が出題される。英語は以前より易しくなったが長文読解が多い。

金程中    
各科目標準的な問題が多く、しっかり練習、覚えれば70点以上は取れる。英語は易しいが国語がやや難しい傾向。

長沢中    
国語、数学、英語は比較的易しめの標準問題が出題される傾向にある。理科は実験をベースの問題が出題される。

白鳥中
前学年の既習単元からも出題される科目もあり範囲が広め。問題は標準問題が多い。

王禅寺中央中
標準問題が多いので、基本問題を理解して臨めば70点以上は取れる。

柿生中
全教科、比較的易しめの出題傾向。問題数も少ない。

麻生中
県立入試を視野に入れた出題が多数出題される。しっかりとした理解がないと高得点は難しい。
TOPへ戻る